松島真治Kansai髙田店 店長)2010年入社 

 

腕一本で人を幸せにできる理容師に憧れて

実家が理容室を営んでいたので、物心ついたころから両親の仕事ぶりを見て育ちました。お店に来てくれたお客様が、カットを終えて「ありがとう、さっぱりしたよ」と笑顔で帰っていかれる姿を見て、腕一本で人を幸せにできる仕事ってすごいな、と思うようになり理容師の道を目指しました。

全員一丸となって高みを目指せる会社

関西理容に入社したのは、8年前。実家の理容室やユニセックスのサロンで経験を積んだあと、地元で長く愛されているKansai髙田店の門を叩きました。

企業としての関西理容の魅力は、一人ひとりのスタッフの声に耳を傾け、その思いに常に真摯に向き合う社風にあると思います。何よりも人を大事にしてくれる会社であるからこそ、我々理容師がお客様満足につながる技術や接客の向上に努力しようと思えるし、スタッフ全員が関西理容を支える戦力なんだと実感できることが仕事に対する原動力となっています。

目標は高く、日々勉強

理容師になって一番印象に残っているのは、かけだしの頃に、初めて指名をくれたおじいちゃんのこと。まだ、ハサミの使い方もおぼつかない僕に「ぜひ頼むよ」とおっしゃって、それから亡くなるまでずっと通ってくださいました。この若造を一人前に育ててやろう、そんな気概のある粋な方で、今もずっと僕の理容師人生の支えとなっています。

この仕事の魅力は、お客様の喜ぶ顔を直に見られること。気に入ってくださったお客様がご紹介でまたお客様を連れてきてくださった時や、親子で来店してくださった時は、とてもやりがいを感じます。

店長としての今の目標は、売り上げも技術力も含め、関西理容グループの中で一番のお店になること。そして、若き力を育てることです。

 誇りを持って一生涯続けられる仕事

シェービングを含め理容師にしかできない技術を要するこの仕事は、やればやるほど自分の財産になる一生涯の仕事です。これから理容師を目指すみなさんにとっては、覚えることだらけでまさしく修行の日々ですが、見習いの時期を乗り越えて自分の一歩を踏み出すことができれば、努力次第でどんどん上手くなるし、やりがいも増えていきます。

僕もそうでしたが、経験者の方々にとっては、自分の実力をおおいに発揮し、さらなる理想を追求していける職場こそが関西理容グループだと思っています。

 

どんな素晴らしい理容室も、その根幹を支えているのは我々理容師です。お客様の髪と姿と心を整える理容師として、一緒に働いてみませんか。



BARBER CAFE やってます

理容師のしごとについて同世代のスタッフから直接話しを聞くことができるBARBER CAFEを開催。閉店後の店内でコーヒーでも飲みながら気軽におしゃべり。様々な仕事道具を実際に見たりしながら、理容師の熱い思いに触れてみませんか? 理容師に興味が湧いたあなたのご参加をお待ちしています。

 

お問い合わせ

TEL 090-8219-2105

北野明子までお気軽にどうぞ