創業者の軌跡

生家である、しあわせ理容
生家である、しあわせ理容

関西理容グループの創業者・山本善仁は、昭和9年、大阪市東淀川区で理髪店を営む両親のもとに生まれました。理容師としての善仁は両親も一目置くほどの腕前でしたが、末っ子であったため家業は継がず飲食店経営などを経て、40歳の時、当時流行の兆しをみせていた低料金制の理容室に就職します。

若かりし修行時代
若かりし修行時代

そこで、低料金制の多店舗経営に将来性を感じた善仁は42歳で独立。1号店となる関西理容柏原店をオープンします。

善仁が目指したのは、安かろう悪かろうとは一線を画す高い技術力を備えた低料金制の理容室。「安い料金でも技術は確かだと分かってもらえれば必ずお客さんは来てくれる」、そんな揺るぎない信念が彼の胸にはありました。

今も下町風情が溢れる柏原商店街
今も下町風情が溢れる柏原商店街

ところがオープン当初、知名度不足から店はまったく流行らず、経営は困難を極めます。それでも根気よく時を待ち、丁寧な仕事でコツコツとお客様を増やしていった善仁。その甲斐あってか、腕の良さと安さが評判となり、数年後には土日ともなれば開店前から行列ができるほどの人気店となったのです。これを足掛かりに、善仁は2号店3号店と出店し、本格的な多店舗経営に乗り出してゆきました。


その後も順調に店舗を増やし、成長を続けた関西理容グループ。ところが善仁は、3店舗目の出店後程なくハサミを置き、技術者を引退します。その引き際は驚くほど潔く、一線を退いて以降は弟子である従業員たちに現場を任せ、自身は経営者として関西理容の発展に奔走しました。

創業から42年余り。当時の善仁を知る従業員は、口々にその破天荒ぶりと理容師としてのカリスマ性を語ります。

仕事には一切の妥協を許さない鬼の指導者であるにも関わらず、仕事が終われば酒場で豪遊し、従業員をねぎらう。そんな包容力たっぷりの人間性と理容師としての確かな腕に、皆惚れ込んだのだとか。

時代は移り、理美容業界の在り方が多様に変化した現代も、関西理容が目指す未来の神髄には常に創業者山本善仁の想いが宿っています。それは言うまでもなく、お客様満足を追求する理容師としての信念であり、誇り。お客様にとって「生涯の行きつけ」であることを追求し続けた山本善仁の情熱は、今も関西理容の一人ひとりの理容師に引き継がれています。